今から反り立つ勇気を持つために

狭く深くか?浅く広くか?

 

唐突ですが、貴兄は物事を狭く深く掘り下げるタイプですか?

考えて行動する

それとも浅く広く考えるタイプですか?

 

このいずれかを選ぶことによってEDに対する対処方法も変わってきます。

インポ。。。

明日からどうしよう。。。

つまり勃起不全のことですが、この男性特有の悩みと思慮深さに一体なんの関係があるのかと不思議に思うでしょうが、実は密接な関係があるのです。

EDに特効薬はありません。

それというのも、風邪などのように自然治癒してくれないからです。

投薬中

あくまで対処療法しかなく、人それぞれ原因になりうる事象が異なるからです。

その対処療法ですが、一般的には投薬で、バイアグラ、シアリス、レビトラといったED治療薬を服用し、強制的にペニス、つまり陰茎を痛いほどに怒張させるというものです。

最近妻ともご無沙汰

これははっきり言って止められません。

何故なら、飲んでから一定の時間が経過すると嫌でもギンギンギラギラ、脈打ちながら屹立するのですからね。

後にビンビンになってくる

これはED治療における狭く深くタイプです。

ネックは一年だろうが百年だろうが服用を続けてもEDから回復しないという点ですね。

それでは、逆に浅く広いタイプはというと、いわゆる精力剤を服用する人です。

EDが原因で喧嘩が絶えない

バイアグラ、シアリス、レビトラといったED治療薬が即効性に長けているのに対し、成分が化学合成されていない精力剤は続けて服用しなければ効果が現れません。

しかも個人差があるという。

これでは、まったく意味がないのかというと、そんなことはありません。

精力剤はペニスをピンポイント治療しませんが、内臓など肉体全体に効果があります。

先生からのお話

そうです、体質改善という、なんだかEDだけでなく生活全体に影響を及ぼしそうな効果です。

いえ、及ぼしそうではなく「及ぼす」のです。

さて、このいずれを選ぶか?

それは貴兄次第です。

 

 

サプリで予防と軽減はできても治療はできない

 

 

精力剤と聞くと仰々しいイメージがありますが、今ではドラッグストアに行くとサプリメントと同じように扱われています。

いいものを紹介してくれる

大昔のように薬剤師の店主が「これがお勧めアルヨ」などと何故か中国語で話すということはありません。

というか、効きそうな名前でも中身は単体のサプリメントを強化、複合したものなのが精力剤として売られています。

カラダを強くする

なので、精力剤を飲んで期待できるのは予防と症状の軽減だということを覚えておいてください。

もし、下記のいずれかに該当する場合は、医療機関での診断と治療薬の投与が必要になります。

1.自覚できるほどストレスが溜まっている

stress

ストレスも様々で、一晩寝れば無くなるものもあれば、知らないうちに蓄積していき、心身の不調が現れた時点で自覚できるものもあります。

ここで指すのは後者です。

2.起床時に勃起しないことが多い

ゼンゼン起きてこない

男性は交感神経と副交感神経の仕組みによって、起床時に勃起するようにできています。
いわゆる朝勃ちですね。

以前は毎朝痛いほどに硬くなっていたのに、言われてみると朝一でトイレにいっても柔らかいままということはありませんか?

3.セックスの最中に急に萎えてしまう

萎えるのはどうしてだろう

セックスの途中にムードがぶちこわしになったり、なんらかの要因によって柔らかくなってしまうことはあります。

しかし、それは挿入前の話です。

自分の中では深刻な問題

もし、膣内に挿入して刺激を受けている最中に萎えてしまうというのはかなり深刻です。